CATEGORY

活動実績

  • 2021年1月11日

株式会社SMS様「マーケティングセミナー」に登壇しました(令和2年12月24日)

世間はクリスマスイブです。 しかし新型コロナウィルスの関係でオンラインが浸透し、今日もオンラインでの講演のご依頼を頂きました。 50分という短い間でしたが、東海地域での小規模医療介護福祉事業所様の参考になる内容にまとめさせて頂きました。 ≪対象:東海エリア(岐阜・愛知・三重・静岡)の事業社様向け≫ […]

  • 2020年9月11日

第22回日本言語聴覚学会in愛知の広報部長に抜擢いただきました!(令和2年9月)

第22回日本言語聴覚学会in愛知の広報部として   この度私たちは、来年度愛知大会の実行委員会広報部として役割を頂きました。このような素晴らしい機会を頂くことができ大変光栄であり、関係者の皆様に深く感謝申し上げます。さて本日は、本学会のテーマと副題、そしてポスター決定の経緯と、広報部の活動 […]

  • 2020年8月22日

福井県言語聴覚士会様「セラピストのためのマネジメント研修」に登壇しました(令和2年5月29日)

もともと3月に開催予定だったこちらのセミナー。 コロナの影響を受けて県士会様初のオンラインセミナーに! 「オンラインで県士会の講習会がどこまで実施が可能かも検討したい」というご要望。 実際50名以上の参加をいただき、盛大に開催ができました。ありがとうございました!

  • 2020年4月7日

KoKoRoコミュニティ 第1期生がスタートしました(令和2年4月1日)

募集期間2週間で、全国から約20名、Sメンバーを含めると40名弱でこのコミュニティはスタートします。 ちなみに第1期生の地域分布は以下の通り ・北海道:1名 ・東北地方:0名 ・関東地方:8名 ・北陸地方:0名 ・東海地方:5名 ・関西地方:1名 ・中国、四国地方:2名 ・九州、沖縄地方:3名 コミ […]

  • 2020年3月26日

KoKoRoコミュニティ スタートアップ会議を開催しました(令和2年3月7日)

4月からスタートする新しい取り組み「KoKoRoコミュニテイ」。 そのスタートアップの打ち合わせを名古屋某所にて開催。 京都や和歌山、三重、岐阜、愛知と遠くからみなさん集まってくれました! 本当にありがとうございます!こちらの活動は本HPに詳細がありますので参照ください!!

  • 2020年3月26日

MCM 2020年度診療報酬改定、動画撮影会を行いました!(令和2年2月13日)

一社)メディケアマネジメント協会では、2020年度診療報酬改定、動画撮影会を行いました! こちらは4時間ほどテーマに沿って撮影し、今回のポイントをまとめました。 詳細はこちら! また昨年12月に行なったフォーラムの質問に対する回答を、撮影し、配信しております!!  

  • 2020年3月26日

第5回 ST’sCafeを主催しました!!(令和2年1月26日)

今回は3症例の症例検討会中心で開催!! たまにはじっくりと臨床に向き合うタイプのみの研修会。 高次脳機能障害や嚥下など、ステージが違う人たちが自由に活発な議論ができて良かったです〜。 詳細はこちら! https://sts-cafe.studio.design/index   発表者になる […]

  • 2020年3月26日

「これからの時代に求められるセラピストとは」のセミナーに登壇しました(令和2年1月19日)

昨日は大阪。今日は愛知でセミナー講演。 これからの時代に求められるセラピストって何だろうかを、みんなで考えました! 途中大阪から会場までの電車乗り継ぎをミスって、危うく間に合わないかと。 焦りましたが間に合いました〜。   そのあとは、ダッシュで東京へ。 大阪〜愛知〜東京を駆け巡る1日とな […]

  • 2020年3月26日

「セラピスト新時代を生き残れ!」コラボセミナーに登壇しました(令和2年1月18日)

大阪で精力的に活動している金児さん(経営者 PT)と、久しぶりにコラボしてセミナー開催!! 東京や広島など遠くから来てくれました!! 大阪で熱い1日を過ごすことができました! 僕は「これからのセラピストに大事な考え方」をお伝えし、臨床だけでなくもっと多彩な活動が求められることを訴えました。 ここで繋 […]

  • 2020年3月26日

第6回座談会「地域医療を考える会」を開催しました!(令和元年12月30日)

もう年の瀬も年の瀬。 来年から地域でのSTの活動をもっと広めたいと思って、先進的な取り組みをされている先生方にお越しいただきました! 失語症友の会や、意思疎通支援事業、会話パートナーなど、聞いたことはあるけどまだまだ参加されているSTさんは少ない。 かくいう僕も活動したことが乏しい。 よってそれを来 […]