代表挨拶

皆様と共に地域医療に貢献していきたい

超高齢社会、人口減少、人材不足。
今や時代は「やや暗い話題」が飛び交っています。しかし、本当に「暗い」のでしょうか?
新しい技術が開発され、AIや介護ロボット、自動運転、多くの知識技術の結晶がどんどん生まれています。
次は、それを扱う「人」がその時代の移り変わりに順応して、医療現場の効率化を図りながら質を高めていくことが求められます。
そんな時代の中で、人財投資はなかなか院内ではやりきれず、これまでのやり方を変えたくても変えられない声が多く聞こえます。忙しい業務の中で、改革を進めていくのは至難の技です。そこで、それらの声をお聞きしながら、プロジェクトをクリエートしながらご提案し、お悩みを解決するお手伝いができないかと独立起業しました。私はあくまで現場の皆様の「フォロワー」であり、主役は常に皆様です。伴走者として、一緒に知恵を絞っていきたいと考えます。医療介護福祉の分野は、医師の先生をはじめ、多くの優秀な方々がひしめく分野。
そんな中、私ができることは「共に知恵を絞ること」であり、決して「〜すべき」をご提案することではありません。
多様な時代に、正解なんてそう簡単には見つからないし、正解がないことも多々あります。
しかし、前進するには模索し続け、最適解を選択することに注力しなければなりません。
そんなお手伝いがしたいと思っています。
日進月歩の医療介護福祉分野において、日々研鑽を積みながら、お客様のビジネスを全力でサポートし、お客様にとってかけがえのないパートナーとして信頼頂けるよう日々業務に励んでいきたいと思っております。