KoKoRoコミュニティ 第1期生がスタートしました(令和2年4月1日)

Pocket

募集期間2週間で、全国から約20名、Sメンバーを含めると40名弱でこのコミュニティはスタートします。

ちなみに第1期生の地域分布は以下の通り
・北海道:1名
・東北地方:0名
・関東地方:8名
・北陸地方:0名
・東海地方:5名
・関西地方:1名
・中国、四国地方:2名
・九州、沖縄地方:3名

コミュニティに参加していないけれど、連携している外部の団体・個人の方々を含めると多分200名くらいは関わっているこのコミュニティ。

多くの可能性を秘めたこのコミュニティは4月1日予定通りスタートしました。

まずは以下の流れで進んでいきます。
①希望に沿ったグルーピングの開始
②初回ミーティングによる各企画説明と、意見募集
③4月勉強会の開催(3回)
④課題図書の提示(自由参加)
⑤新しい企画の受付体制の構築と採用

こんな流れで進んでます。

第1期生の目標は「10月までに各プロジェクトを一つは実行せよ」というもの。

比較的簡単にできるプロジェクトから、壮大なプロジェクトまで多種多様。
そのため、メンバーはだいたい2〜3のプロジェクトに同時に関わっている人が多く、一気に学びを深められます。

1人が2つのプロジェクトに参画すると、コミュニティ全体としては単純に2倍の述べ構成員となるので、仮に10個のプロジェクトがあればそれを通常の2倍の規模・速度で企画が流れていきます。

これは一つ一つ丁寧に行なっていくスタイルに比して全く「速度」が変わります。全国にたくさんの企画をお届けする速度が「2倍」です。もちろん「規模」は減らないのでその質は担保されます。

ルールとしてメンバーは、自分が参加していない企画は普段関わることがないので、コミュニティ内で同時並行的に動いている他の企画を知ることができません。これはその担当企画に集中してもらうためです。

でも毎月1回、月末の座談会で簡易な情報交換会(座談会)は開催されます。そこで「そんなやり方もあるんだな」ってことに触れることができます。

アウトプットとインプットのハイブリッド型コミュニティ。

ニーズに対するスピード感と柔軟な対応を兼ね備えたコミュニティ。

これからも随時活動報告をしていきます!

Pocket

最新情報をチェックしよう!