凡庸さの新陳代謝

Pocket

平成も終わろうとしている。「令和」に決まったが、まだ入力しても自動で文字が出てこないくらい新鮮だ。

あっという間の平成の30年。

「平成元年生まれ」の人はもう30歳だ。

これは改めて思うとすごいことです、昭和生まれのKoKoRoにとっては・・・(汗)

どんなに素晴らしいスポーツ選手も、いつかは引退する。

(カズみたいにKoKoRoが子供の頃からサッカーをやっていて今でも続けている凄い人もいるが、そんなカズもさすがに80歳とかまでサッカーはできない)

 

会社を見てみよう。

長く続く会社や、それこそ100年単位で継続している企業もある。

Web Tips!!!

移転しました。 // " + url + "自動で切り替わります。3秒お待ち下さい。"); // リダイレクト処理 se…

 

 

1000年を超えているとか、ちょっとすごすぎる。

どうしたらそんなことが可能なのか?

それは新陳代謝にある。

 

「古き良き時代」とか、「伝統を重んじる」とか、歴史を大事にすることはもちろん必要。

しかし美学とされている

古くからある しきたり

慣例

歴史

やり方

風土

 

それらは会社の中で価値のあるものばかりではないのです。

 

時に、しばしばイノベーションの妨げになる。

 

新しいことを始めるときに、よく陥りがちなのが

 

「雪だるま式に、仕事が増えていく」

 

ということだ。

 

つまり、経営者や管理者は、良かれと思って新しいことにチャンレンジをするが、

それと同時に、

 

何かを「やめる」という選択をしないと、
そのまま仕事を増やし続けてしまうのだ

ドラえもんでもそんなシーンあったな?

どら焼きが乗数的に増えていくやつ。最後は宇宙に捨てるというトンデモナイ結末(笑)

 

 

古さや歴史は、今の時代リスクになり得る。

 

我が社の歴史。

 

確かに大事だ。

しかし、それは今の時代に「かなったもの」だろうか?

 

凡庸であると、

その生き物としての会社は、排泄をしないで食べ続けることと同義である。

 

つまり、新陳代謝が悪いと、その会社は衰えるばかりでなく、

 

窒息や腸閉塞の危険があるということだ。

 

何かを新しく始める時、それは、

 

「何かをやめる」という議論が同時に必要。

 

だから、減らない仕事の上の、さらに新しい仕事が乗っかるので、

 

職場の人たちは疲弊しきってしまうのだ。

 

 

イノベーションを起こしたり、新しい取り組み、違ったやり方を模索するのは良いが、

 

捨てる(無駄をなくす)ことを忘れず同時にやっていく

 

のが大事だ。

Pocket

最新情報をチェックしよう!